【やってみた】スパイになって英会話を”盗聴”するTOEIC学習アプリ「諜報リスニング E.I.A.」

 

退屈&面倒な英語の勉強をゲームのような「ミッション」にした学習アプリ「諜報リスニング E.I.A. 」をプレイしてみました。

スパイになって英会話を”盗聴”するTOEIC学習アプリ「諜報リスニング E.I.A.」1
これは韓国のアプリディベロッパーのRoll&Moveが提供している、スパイになってターゲットを”盗聴”しボスにその内容を”報告書”として提出するというゲーム形式の英語リスニング・トレーニングアプリです。言うなれば英語学習のゲーミフィケーションですね。

スパイになって英会話を”盗聴”するTOEIC学習アプリ「諜報リスニング E.I.A.」2

スパイになって英会話を”盗聴”するTOEIC学習アプリ「諜報リスニング E.I.A.」3
まずエージェントになるにあたり、英語に関するいくつかの質問に答えて自分の英語レベルを測定します。

スパイになって英会話を”盗聴”するTOEIC学習アプリ「諜報リスニング E.I.A.」4
私のレベルは………ビギナー。一応英検2級で2009年から英語ブログを書いてるのにビギナー……まあいいですけど。

スパイになって英会話を”盗聴”するTOEIC学習アプリ「諜報リスニング E.I.A.」5
英語レベル測定の後、各レベルに応じてパスポートが渡されます。ビギナーの場合は一番簡単な「EASY」ですね。

スパイになって英会話を”盗聴”するTOEIC学習アプリ「諜報リスニング E.I.A.」6
そしてパスポートの中にあるマップに従ってターゲットの会話を盗聴していきます。各地域によって会話のテーマが異なっており、このEASYパスではまず日常会話を盗聴します。

スパイになって英会話を”盗聴”するTOEIC学習アプリ「諜報リスニング E.I.A.」7
盗聴リストはこんな感じ。なんだか中学生の英語の教科書といった感じです。

スパイになって英会話を”盗聴”するTOEIC学習アプリ「諜報リスニング E.I.A.」8
で、盗聴を始めるのですがこの時の演出がレトロな雰囲気でなかなか凝っています。会話が始まる前にノイズ音が聞こえてきたり、メーターの針が動いたりと本当に周波数合わせをしているかのよう。

スパイになって英会話を”盗聴”するTOEIC学習アプリ「諜報リスニング E.I.A.」9
盗聴した後は報告書作りという名のテストを受けます。テストの文面も英語で回答時間にも制限があるので英文速読トレーニングにもなりそうです。回答時間が決められているというのがTOEICなどの試験対策専用らしい作りですね。

スパイになって英会話を”盗聴”するTOEIC学習アプリ「諜報リスニング E.I.A.」10
私の成績は……やった!全問正解!ちなみにカセットテープというビジュアルがまた懐かしくて良い感じ!

スパイになって英会話を”盗聴”するTOEIC学習アプリ「諜報リスニング E.I.A.」11
テスト結果は後から表示されるので自分がどこを間違ったのか確認して復習することもできます。

スパイになって英会話を”盗聴”するTOEIC学習アプリ「諜報リスニング E.I.A.」12
この「諜報リスニング E.I.A.」、普通の英語リスニング・トレーニングアプリと違いゲーム形式になっているので楽しみながら勉強でき、また演出も細部まで凝っていて良アプリなのですが無料でプレイできるのは5シーンまで。それ以上はアドオン課金でパスポートを買い足していきます。なので無料アプリではあるのですが実質有料アプリと捉えた方がいいでしょう。ただし一番上記スクリーンショットにもあるようにFacebookページに「いいね!」すると無料で1つパスポートが貰える特典がありますが。

スパイになって英会話を”盗聴”するTOEIC学習アプリ「諜報リスニング E.I.A.」13
なお、どうしても英文が読めない、分からないという場合は設定画面で日本語表示をONにすることもできるので英語初心者でも安心してプレイできます。

普通の英語リスニング・トレーニングアプリだと問題を解いていくのがだんだんと面倒になってくるものですが、この「諜報リスニング E.I.A.」はゲーム仕立てになっているので英語に苦手意識のある人でもとっつきやすく、また「パスポートを集める」という収集要素もあるのでモチベーションも維持できます。これから英語学習を頑張ろうと思っている方、またTOEIC受験のために勉強している方は試してみては如何でしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket