AR ニュース

コカ・コーラ、世界初の自動販売機向けARアプリを4月より導入 デモコンテンツをAR三兄弟が製作

更新日:

コカ・コーラ、世界初の自動販売機向けARアプリを4月より導入 デモコンテンツをAR三兄弟が製作1

日本コカ・コーラ株式会社が、4月頃より世界で初となる自動販売機と連動したスマートフォン向けAR(拡張現実)アプリを導入すると発表した。それに先駆けデモコンテンツをAR三兄弟と共同開発し、本日より会員向けWebサイト「コカ・コーラ パーク」内で紹介動画を公開している。動画試聴ページはこちら

このARアプリは、コカ・コーラが今年から導入を開始した日中の消費電力を95%削減できる省エネの「ピークシフト自販機」と連動したもので、アプリを起動した端末のカメラを自販機にデザインされた「ポーラーベア」にかざすと、画面上で「ポーラーベア」が笑ったりくしゃみをしたり、ピークシフト自販機の特徴である「音が全然しない」というプラカードを掲げるなど愛らしい動きをしながらピークシフト自販機の特長を伝えるというもの。また、自販機とARアプリとの連動の一環として、全国のコカ・コーラ自販機の製品サンプルをARマーカーにすることで、各種製品ブランドのコミュニケーションへも活用していくという。その第一弾として、端末のカメラを「コカ・コーラ ゼロ」にかざすと画面上でテレビCMが再生されるコンテンツも提供していくとのこと。

コカ・コーラ、世界初の自動販売機向けARアプリを4月より導入 デモコンテンツをAR三兄弟が製作2

-AR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.