アイルランドの13歳の開発者、友達と一緒に子供向け仮想空間「Food World」をローンチ

 

アイルランドの13歳の開発者、友達と一緒に子供向け仮想空間「Food World」をローンチ

アイルランドに住む13歳のゲーム開発者のJordan Casey君が、イギリスに住む友達で同じくティーンエイジャー開発者であるAidan Blackett君と共に子供向けの仮想空間「Food World」を開発した。

Jordan Casey君は早熟の天才開発者として知られており、昨年もiOS向けのゲームアプリ「
Alien Ball VS Humans」シリーズをリリース。現在も「Casey Games」というブランド名でゲーム開発を続けている。「Food World」は、その名のとおり食べ物がモチーフになったFlashベースの2D仮想空間で、ユーザーは自分のアバターを作り、様々なエリアを冒険したり他のユーザーとコミュニケーションできる。まだオープンβの段階で正式リリースは3月を予定しているが、今後はバレンタインデーや復活祭などの季節毎にイベントやアップデートを実施するとのこと。

85円
(2013.01.28時点)
posted with ポチレバ

85円
(2013.01.28時点)
posted with ポチレバ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket