LINEで配信された連載小説「世界から猫が消えたなら」が本屋大賞にノミネート! LINEでの再配信決定

 

LINEで配信された連載小説「世界から猫が消えたなら」が本屋大賞にノミネート! LINEでの再配信決定

NHN Japan株式会社が運営するスマートフォン向け無料通話・メールアプリ「LINE」にて、公式アカウントで初の連載小説として大きな話題を呼んだ「世界から猫が消えたなら」が「2013 年本屋大賞」にノミネートされた。それを記念して、1月23日より再配信されることが決定した。

「本屋大賞」とは、オンライン書店を含む新刊書の書店で働くスタッフが過去一年間に実際に読んで良いと思った本を投票で選ぶアワード。過去に、「謎解きはディナーのあとで」「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」「博士の愛した数式」など、映像化された大ヒット作品が大賞を受賞している。なお、「世界から猫が消えたなら」の書籍も売上が10万部を突破しており、LINE公式アカウントの読者登録者数も30万人を突破した。そこでLINEでは本屋大賞のノミネートと書籍10万部突破を記念して、1月23日(水)より小説の再配信を決定。作品の公式アカウントを友達に追加すると最初の案内メッセージが配信され、その後は定期的に1話ずつストーリーが自動配信される。ストーリーは通常のトーク内のテキストではなく、ストーリーごとに送られる画像内の「今すぐ確認」をタップすると開く専用画面で読むことができる。アカウントを友達に追加する以前に配信されたストーリーは遡って読むことはできない。

無料
(2013.01.22時点)
posted with ポチレバ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket