ソニー、ポスターにスマホをかざすとライブが始まるAR音楽フェス「Headphone Music Festival」を実施

 

ソニー、ポスターにスマホをかざすとライブが始まるAR音楽フェス「Headphone Music Festival」を実施1

ソニーマーケティング株式会社が、同社のAR(拡張現実)技術「SmartAR」を利用し、街中に張られたポスターにスマートフォンのカメラをかざすと、端末の画面上にミュージシャンの演奏風景が表示される新感覚の音楽フェス「Headphone Music Festival」を12月20日より実施すると発表した。

ソニー、ポスターにスマホをかざすとライブが始まるAR音楽フェス「Headphone Music Festival」を実施2

「Headphone Music Festival」は渋谷の街中やソニーストア、BEAMSの店舗に貼られたポスターにAndroid向け専用アプリ「HMF」を起動したスマートフォンのカメラをかざすと、画面上に「androp」 「The Beatmoss」 「BOOM BOOM SATELLITES」「N’夙川BOYS」らミュージシャンのライブ風景が表示されるというもの。ライブの様子は3D映像になっており、スマートフォンの角度を変えるとそれに従いミュージシャンの見え方も変化する。街貼りポスターの掲出期間は12月20日〜26日までで、ソニーショールームでの掲出期間は12月20日〜2013年1月21日まで。なお、BEAMSでは同企画とのコラボレーションによるARマーカー付きTシャツも販売される予定。

ソニー、ポスターにスマホをかざすとライブが始まるAR音楽フェス「Headphone Music Festival」を実施3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket