2Dデザインから3Dプリントへ インクス、 illustratorデータからオリジナルiPhoneケースを作るサービスを開始

 

株式会社インクスが、同社が運営する国内最大の3Dプリントサービス「INTER-CULTURE」にてillustratorデータから3DプリントでオリジナルのiPhoneケースを作るサービスを開始した。価格は「iPhone4/4Sケース」と「iPhone5ケース」どちらも9800円。

これはINTER-CULTUREで配布されている枠のデータをダウンロードしてグラフィックソフト「illustrator」で作成した2Dデータ(ai形式)を、3Dプリントで立体化しオリジナルのiPhoneケースを作るというもの。パネル(背面)と枠(サイド)はそれぞれカラー指定が可能となっており、デザインと色を組み合わせて自分だけのiPhoneケースを作ることができる。材質はエポキシ+ラッカー塗装。詳細・発注はこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket