D2C、スマホ向けソーシャルゲームの海外展開を本格始動 第一弾として「喋る!海賊ファンタジア」を中国・アメリカにて配信

 

株式会社D2Cが、海外市場向けスマートフォンアプリ事業を本格的に開始すると発表した。その第1弾として同社が既に日本国内向けに提供中のiPhone向けソーシャルゲームアプリ「喋る!海賊ファンタジア」の中国語版を中国のApp Storeにて提供を開始した。

「喋る!海賊ファンタジア」は、2012年6月にリリースされたiOS向けソーシャルゲームアプリで、先月20万ダウンロードを突破した。プレイヤーが海賊団の船長となって仲間を集め、多数のミッションを達成しながら世界の海を航海するという内容で、カードには声優によるボイスが付いておりゲームの進行と共にキャラクターボイスも楽しめる。本日リリースされた中国版は、キャラクターや各種デザインなどを中国市場に合わせて最適化しており、さらに中国の人気ミニブログサービス「Weibo」と人気メッセンジャーサービス「Weixin」との連携機能も搭載し、よりソーシャル機能を強化している。同社では「喋る!海賊ファンタジア」のライセンスを米Aeriaに提供し、11月23日(金)より米App Storeでも提供するとのこと。D2Cはライセンス提供にあたり、運用ノウハウを含めてAeriaへマーケティング支援も行っていくとのこと。

無料
(2012.11.21時点)
posted with ポチレバ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket