スーパーアプリのソーシャルゲーム「ドラゴンキャバリア -最後の騎士団-」が海外進出! 北米向けに「Dragon Cavalier -The Last Regiment-」をリリース

 

株式会社スーパーアプリが、同社がGREEにて提供中のソーシャルゲーム「ドラゴンキャバリア -最後の騎士団-」を北米市場向けにローカライズし、グローバル版GREEにて「Dragon Cavalier -The Last Regiment-」として提供を開始した。

「ドラゴンキャバリア -最後の騎士団-」は、ユーザーが守護竜と契約した竜の騎となり、邪神竜ザラムと魔剣グリフォスを封じる人類最後の砦「城砦都市トレント」を舞台に邪神竜復活と魔剣強奪を狙う「アンフォール」と死闘を繰り広げるファンタジーRPG。アバターカスタム機能が充実しており、頭、体、小手、腰、脚、右手、左手、背中に様々なアイテムを装備して着せ替えを楽しみながらアバターを強化できる。既に日本国内では86万人のユーザーを有している。「Dragon Cavalier -The Last Regiment-」は同社の海外市場向けタイトル第一弾。日本ではWebアプリとして提供されているが、グローバル版GREEではAndroid向けネイティブアプリとして提供される。なお、ダウンロード料は無料だが日本からは利用できない。

© 2012 Super Appli,Inc. All Rights Reserved.


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket