映画「オズの魔法使い」が3Dソーシャルゲーム化! Facebookにて「The Wizard of Oz」を提供中!

 

映画会社のワーナー・ブラザーズと米シカゴに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーのSpooky Cool Labsが、ワーナーの名作映画「オズの魔法使い」を題材とした公式ソーシャルゲーム「The Wizard of Oz」をFacebookにてリリースした。

「The Wizard of Oz」は資源を管理して「エメラルドの都」を再建する町作りソーシャルゲーム。ユーザーは木を育てたり、”黄色いレンガ”を作ったり、鉱石を集めたり、建物を立てたりしながら様々な施設やデコレーションアイテムを配置して自分好みの魔法の町を作っていく。町を作り込んでくと資源管理の過程でミニゲームで遊べる機能も開放される。また同タイトルは3Dゲームエンジン「Unity」で開発されているためフル3Dのグラフィックも楽しめ、視点移動し異なる角度から極彩色のアートワークを楽しむことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket