Zyngaがオンラインギャンブルゲームのbwin.partyと提携 来年イギリスにてオンラインカジノに参入

 

米大手ソーシャルゲームディベロッパーのZyngaが、ビンゴやポーカー、その他ギャンブルをモチーフとしたオンラインゲームの提供やオンラインカジノを運営しているbwin.partyとの独占提携契約を締結した。

この提携により、両社は2013年の上半期を目処にポーカーやスロット、ルーレット、ブラックジャックなど実際にリアルマネーを賭けて遊べるオンラインカジノゲーム180種類をイギリスにて提供するという。なお、イギリスではオンラインギャンブルは合法となっている。
bwin.partyはジブラルタルに拠点を置くオンラインカジノの最大手企業で、今年6月にソーシャルゲーム市場への参入を発表し投資ファンドを設立しているほか、セルビアのソーシャルゲームディベロッパーのNordeusと共同でスポーツ賭博ソーシャルゲームを開発している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket