萌え特化SNS「萌。」、ティザーサイトにてゲーム情報を公開

 

株式会社ディオンエンターテインメントが、”萌え”に特化したSNSポータルサイト「萌。(もえたま)」のティザーサイトを更新し、新たにゲームの情報を公開した。

「萌。」は、萌えコンテンツにフォーカスしたSNS機能とゲーム機能を持つポータルサイト。2Dの絵を3Dのように動かす立体表現技術「Live2D」を使用した動くアバターを育成できるのが大きな特徴で、ユーザーはこのアバターと連動した様々なコンテンツを楽しむことができる。今回公開されたのは、育てたアバターと一緒にプレイできるゲームの情報。「萌。」ではユーザー同士で同時にゲームをプレイできるが、自分のアバターの育成状況によってゲーム結果や入手できる報酬が変わることもあるという。オープン段階からプレイできるゲームは本格的な4人打ち麻雀で、ユーザー自身がプレイするだけでなくアバターに麻雀を打たせる「代打ち」機能もあり、アバターの打ち方を観戦することもできる。ただし「代打ち」はアバターの育成の仕方によって結果が左右することもあるので、ユーザーは自分で打つか、慣れない手つきで打つアバターを見て楽しむか、それともアバターを一人前に育てるかを考える楽しみ方もできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket