Webブラウザ上で複数のユーザーと3Dモデリングができる3DCG製作ツール「Sunglass」、正式サービスをスタート

 

Webブラウザ上で複数のユーザーが共同で3Dモデリングができる3DCGツール「Sunglass」が正式サービスをスタートした。利用にはアカウント登録が必要だがFacebookアカウントでもログインできる。

SunglassはWebGLで動作するクラウド型の3Dコンテンツ共有サービス。既存の3Dモデルのデータをインポートして編集することもでき、SolidWorks、Autodesk Inventor、SketchUpといった外部の3DCGツールとの互換性もある(対応外部ツールは今後も増える予定)。なお、開発者に向けてツールのAPIも公開される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket