イベントレポート レポート

【TGS2012レポート】東京ゲームショウ2012の入場者数は過去最多となる22万3753人 来年の開催日程も決定

投稿日:

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(以下CESA)と日経BPが、9月20日(木)〜9月23日(日)の4日間に開催した東京ゲームショウ2012の総来場者数が過去最多の22万3753人を記録したと発表しました。内訳は以下のとおり。

★総来場者数
223,753人
(内ファミリー 32,376人)
※2011年度:222,668人

■ビジネスデイ

9月20日(木)
27,391人

9月21日(金)
24,504人

■一般公開日

9月22日(土)
94,989人
(内ファミリー 16,760人)

9月23日(日)
76,869人
(内ファミリー 15,616人)

今回の総来場者数は昨年を1,085人上回るもので、特に一般公開初日の9月22日(土)には1日で9万4989人の来場者を記録し、1日単独の数でも過去最多だった昨年の8万6251人を大きく上回っていたとのこと。また今回は海外からの出展社数も最多を記録し、19の国や地域から209社の企業・団体が出展しました。東京ゲームショウでは「アジアNo.1の情報網羅性」と「世界最大規模のイベント」という中期ビジョンを掲げているとのことで、今年はイラン、インドネシア、ベトナム、マレーシアからの8つの企業を迎えた「アジアニュースターズコーナー」が注目を集めたほか、中国、韓国、インドネシア、日本のキーパーソンがアジア圏のゲームビジネスの将来像を語るカンファレンス「アジア・ゲーム・ビジネス・サミット 2012」にも多くの聴講者が参加しました。さらに出展タイトルも過去最多の1043作品を記録。特にスマートフォン向けゲーム及びソーシャルゲームの出展が一気に増え、SCE以外の主要ブースはどこも何かしらモバイル向けタイトルを出展していました。


今年も連日多くの来場者を集めたGREEブース。最終日のグランドフィナーレにはステージ前に黒山の人だかりができました。


初の大型ブース出展ながら多くの来場者を集めたgloopsのブース。一般公開日にはマンガ家の島本和彦氏によるライブアートステージが開催されました。


一般公開日には各出展タイトルの待ち時間も…


ブシロードはブースの約1/3が今後リリース予定のスマホ向けプラットフォーム「ブシモ」の出展エリアに。


初出展ながら大健闘のコロプラ。同社内のスマホ向けゲームアプリブランド「Kuma the Bear」のタイトルを出展し”位置ゲー”だけではない同社の側面をアピールしました。

なお、既に「東京ゲームショウ2013」の日程も決まっているとのことで、来年も例年どおり幕張メッセにて2013年9月19日(木)〜9月22日(日)まで開催する予定だそうです。

-イベントレポート, レポート
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.