CESA、「2012CESAゲーム白書」をリリース

 

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(以下CESA)が、2011年1月~12月の家庭用ゲーム産業の動向をとりまとめた「2012CESAゲーム白書」を発表した。ソーシャルゲームやスマートフォン向けゲームアプリの動向もまとめられている。A4判本文270ページで7350円。

同書はソーシャルゲーム市場をMobage/Yahoo! Mobage、GREE、mixi、Facebookの4つのサービスを対象に調査。それによれば、2010〜2011年におけるSNSの利用率はmixiの利用率が18%から14.6%に減少する一方、その他のSNSは利用率が増加しており、特にFacebookの利用率は1.9%から7.3%と3倍以上増加したという。また、SNSユーザーのうちソーシャルゲームへの参加率は13.5%で、年齢及び男女別で最も利用率が高いのは10代後半(15~19歳)の女性で34.2%、次いで10代後半の男性の29%となった。20代前半(20~24歳)の男女の参加率はどちらも27.9%で、次いで30代後半(35~39歳)の男性で、利用率は27.7%とのこと。
プレイ日数については、「ほぼ毎日」と回答したユーザーは60.7%で、その他の選択肢よりも圧倒的に多かった。プレイする時間帯で最も多かったのは就寝前の69.4%で、次いで待ち合わせなど暇つぶしにプレイするが40.4%、交通機関での移動中が37.4%となった。
課金については、mixiユーザーの9割が課金していないと回答。Mobageユーザーの課金率は24.1%で、301円~500円以下が5.3%で501円~1000円以下が4.9%という回答となった。GREEの課金率は21.1%で、301~500円以下と501円~1000円以下がどちらも4.1%となった。Facebookユーザーの課金額は301~500円以下、501円~1000円以下、3001円~5000円以下の3つのみで、いずれも割合は12.5%(非課金は62.5%)だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket