3Dプリンタで銃のパーツを複製したらちゃんと撃てた件

 

Tech系ニュースサイトThe Next Webが、ガンマニアの”HaveBlue”氏が3Dプリンタで銃のパーツを出力・複製して弾丸の発射に成功したと報じている。

HaveBlue氏はライフルのロアレシーバーを、設計図を元にStratasys社の3Dプリンタで出力・複製し、実際に200発の弾丸を発射したという。但し、現在のアメリカの銃器規制法ではロアレシーバー単体でも”銃器”と見なされ無許可で売買するのは違法になるとのこと(個人で楽しむだけなら合法)。HaveBlue氏のブログはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket