IKEA、2013年度版のカタログにもARを活用

 

スウェーデンの家具ブランドのIKEAが、2013年度版のカタログにもAR(拡張現実)を活用し、7月31日にカタログに対応したiOS・Android向けアプリをリリースすると発表した。

IKEAでは2010年よりAR対応のカタログを出版している。カタログにある商品に対応するARマーカーを部屋に置いてスマートフォンのカメラで見ると、画面上に家具の画像が出現するというもので、購入前に実際に家具を部屋に置いたらどう見えるかをシミュレーションできる。またアプリ内からそのまま商品購入まで進むことも可能。2013年度版のIKEAのARアプリでは最新の商品ラインナップを試すことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket