デジハリがタイに進出! 「デジタルハリウッド バンコク校」8月開校!

 

デジタルハリウッド株式会社が、「デジタルハリウッド タイランド」(Digital Hollywood(Thailand)Co., Ltd.を設立し8月にASEANで初となる「デジタルハリウッド バンコク校」を開校すると発表した。代表には小林伸行氏が就任する。

今後同校では、地域の人々に対しクリエイティブや高度な演出方法などのテクニックから教養までの教育ノウハウを提供し、今後のASEANになくてはならない役割を担っていくとしている。手始めに3DCGアニメ、グラフィック&Webデザイン、モバイル・アプリ開発の3分野のコースを設置。講師として日本で大手ゲーム会社やキャラクターコンテンツ制作会社等で制作経験を積んだ現役クリエイターが直接指導を行い、日本さながらの授業を提供するという。さらにタイの既存スクール初となる24時間フリータイムシステムを導入し、いつでももの作りができるクリエイティブ環境も提供。またタイでは初となる「産学協同」体制を敷き卒業後の就転職サポートを提供する。各コースとも1年コース及び3~6ヶ月の短期コースを開講し、時間帯もライフスタイルに合わせて学べるよう平日昼/平日夜/週末など各種用意する。受講終了後には日本同様の修了証が発行される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket