ゲーム ニュース

KLab、ソーシャルゲームの著作権侵害訴訟でクルーズと和解

投稿日:

KLab株式会社が、クルーズ株式会社に対し著作権侵害及び不法行為に基づき差止及び損害賠償を求める訴訟を提起していた件について本日付けで和解が成立したと発表した。

KLabは2011年12月に、クルーズのソーシャルゲーム「チーム×抗争!ギャングキング」がKLabのソーシャルゲーム「真・戦国バスター」の著作権を侵害しているとして、「チーム×抗争!ギャングキング」の配信の差止と5500万円及び法定利息による遅延損害金の損害賠償を求めて東京地方裁判所に訴訟を提起していた。しかしクルーズが「チーム×抗争!ギャングキング」の画面表示を変更したことを踏まえ、協議を行った結果、クルーズがKLabに対し和解金を支払うことで和解が成立したという。両社間で和解内容について互いに公表しないことで合意しているとのことで、金額など和解の詳細については明らかにされていない。なおKLabでは受領した和解金は8月期第4四半期に特別利益として計上する予定だという。

-ゲーム, ニュース
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.