米ソーシャルゲームディベロッパーKabam、MMOアクションRPG「Realm of the Mad God」開発のWild Shadow Studiosを買収

 

米カリフォルニア州に拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーのKabamが、MMOアクションRPG「Realm of the Mad God」を開発・提供する独立系ディベロッパーのWild Shadow Studiosを買収した。

「Realm of the Mad God」は、8bit風のレトロなグラフィックが特徴の最大85人で同時に遊べるマルチプレイ専用のオンラインゲーム。ユーザーはモンスターに支配されたファンタジー世界で他のユーザーと協力プレイをしながら冒険を繰り広げる。Webブラウザ上でプレイできる基本プレイ無料のFlashゲームとして公開され、後にオンラインゲーミングプラットフォーム「Steam」でも提供されるようになった。
Kabamは2006年に設立されたソーシャルゲームディベロッパーで、他社のタイトルに比べ本格的なRPGやシミュレーション、ストラテジーゲームを開発・提供している。同社では今後もこの路線を維持しつつマルチプラットフォーム対応を進めていくとしており、今回の買収もその一環として行われたもの。同社はこれまでにもコンソール向けゲームを手がけてきたディベロパーを買収している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket