人気スマホ向けゲームアプリ「Fruit Ninja」、欧州とアジアでリアルグッズ展開

 

オーストラリアのスマートフォン向けゲームアプリディベロッパーのHalfbrickが、同社が提供するゲームアプリ「Fruit Ninja」をモチーフとしたリアルグッズをヨーロッパとアジアにて展開すると発表した。

「Fruit Ninja」は飛んでくる様々な果物を刀で切り刻んで行くアクションゲーム。2010年にiOS版がリリースされ人気となり、以降Android版、NokiaのOvi app版、Whindows Phone版、さらにKinect版とありとあらゆるプラットフォームに展開した。今月総ダウンロード数が3億件を突破し、北米のiPhoneユーザーの1/3はこのFruit Ninjaを一度はダウンロードしたことがあると言われている。Haifbrickはヨーロッパとアジアのアパレルメーカーや玩具メーカーなどとライセンス契約を行い、今年中に衣類や靴、玩具、デジタル周辺グッズなどをのリアルグッズを販売するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket