ニュース 仮想空間

イギリスの3D仮想空間「ExitReality」、ドイツの3D仮想空間「Twinity」を買収

投稿日:

イギリス・ロンドンに拠点を置く3D仮想空間開発・運営企業のExitRealityが、ドイツの3D仮想空間「Twinity」を買収したと発表した。買収金額や条件は明らかにされていない。

Twinityはドイツ・ベルリンに拠点を置くMetaversum GmbHが2008年より運営している3D仮想空間。実際に存在する街をそのまま仮想空間内に再現する「ミラーワールド」と呼ばれるタイプのサービスで、これまでベルリン、シンガポール、ロンドンの中心部、ニューヨーク、マイアミを再現しユーザーに開放してきた。また空間内の”道案内”的なUIにGoogle Mapsの地図データを使用しているのも特徴の一つ。
一方ExitRealityは、専用のプラグインをインストールすることにより既存のWebページを仮想空間化するサービス。仮想空間が既存のサイトに紐付いるのが特徴で、特別なソフトを起動したりユーザー登録する必要なく誰でもWebブラウザ内で3D仮想空間を体験することができる。なお、買収後もTwinityの名称は無くならずサービスもこのまま続けられるが、既に公式サイトは消滅しExitRealityの公式サイトに統合されている。

ExitRealityは過去にも3D仮想空間を運営する競合他社の買収を行っており、2009年には若者に人気の音楽系3D仮想空間「vSide」を4000万ドルで買収している

-ニュース, 仮想空間
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.