GREE、米ゲームメーカー2K Gamesのグローバル向け2タイトル「海賊伝説!」「シヴィライゼーション(仮)」をGREE Platformにて提供

 

グリー株式会社が、米ゲームメーカーのTake-Two Interactive Software, Inc.が持つレーベル2K Gamesの人気ゲーム「Sid Meier’s Pirates!」「Sid Meier’s Civilization」をモチーフとしたスマートフォン向けネイティブゲームアプリ「海賊伝説!」と「シヴィライゼーション(仮)」をGREE Platformにて提供すると発表した。この2タイトルは共に2K Gamesの中国スタジオで開発される予定だという。

「海賊伝説!」は7つの海を舞台に対戦やクエストで最強の海賊船を作る豪華カードバトルゲームで、「シヴィライゼーション(仮)」は人類文明の歴史と発見を基に、プレイヤー独自の帝国を築き繁栄させることを目的とする壮大な世界観のソーシャルゲーム。
今回のGREE Platformでのタイトル提供に際しTake-Two Asia Online and Social Vice PresidentのFabien Siouffi氏は「グリーのソーシャルゲームは、今や、日本を世界で最も魅力的なソーシャルゲームのエコシステムにする原動力として注目されています。私たちは、人気タイトルの『Sid Meier’s Pirates!』や『Sid Meier’s Civilization』をベースにしたモバイルソーシャルゲームを生み出すことによって、日本のファンの皆さまに、今までにないような楽しさをお届けします」と、また2K Games PresidentのChristoph Hartmann氏も「『Sid Meier’s Pirates!』『Sid Meier’s Civilization』は、数十年に渡って愛され続けている人気シリーズで、その中でも『Civilization』は、世界での販売本数約1,100万を誇る、特に人気の高いタイトルの一つです。成長が著しい『GREE Platform』向けタイトルとして、新たにこの不朽の名作を提供することは、新しいユーザーに重厚感溢れるゲームを体感していただける素晴らしい機会になると思っています」とコメントしている。またGREE代表の田中良和氏は「モバイルソーシャルゲーム業界で急拡大し、評価の高いタイトルを次世代のゲームとして展開する、2K社のような大手デベロッパーと取り組むことができ大変嬉しく思います。私たちは、世界中のお客様やデベロッパーにとって、最高のモバイルソーシャルゲームのプラットフォームを構築することを目指しています。今回の提携は、あらゆるタイプのユーザーに向けた世界規模のネットワークである『GREE Platform』を構築し、従来のゲームを進化させる、大きな一歩になるでしょう」とコメントしている。

なお、2K Gamesでは株式会社サイバーエージェントと共同で、バスケットボールゲーム「NBA2K」もGREE Platformに提供し日本向けに配信する予定とのこと。選手の統計データと、ソーシャルゲームの要素が盛り込まれた「NBA2K」では、これまでのシリーズ同様、ゲーム中にMichael Jordanをはじめとする多くのスーパースターが登場するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket