AR ニュース

キャドセンター、風景上に防災情報を表示するiOS向けARアプリ「ARハザードスコープLite」をリリース

投稿日:

株式会社キャドセンターが、周囲の風景の上に東京23区の防災情報を表示するiOS向けAR(拡張現実)アプリ「ARハザードスコープLite」をリリースした。ダウンロードは無料。

「ARハザードスコープ」は、iPhoneのカメラを周囲の風景にかざすと、画面上に東京23区の避難所情報や火災危険度、建物倒壊危険度情報などの防災情報が表示されるアプリ。危険度を5段階で色分けしており、画面上のカメラ実写画面では実写の風景の地面にその色を重ねて表示し、画面下半分の地図はタッチ操作により移動できる。タッチ操作で地図を動かすと自動的にGPSがOFFに切り替わり地図を現在地から移動させることができ、現在地ボタンを押すことで再度現在地をGPSから測位することができる。避難所情報では、現在位置から最寄の避難所への距離と方向が矢印で示されており、そこまでの直線距離も表示される。

-AR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.