マイクロアド、ベトナム・インド・シンガポールでDSP事業を展開

 

株式会社マイクロアドが、APAC(アジア太平洋地域)諸国にてDSP「MicroAd BLADE(マイクロアド ブレード)」の事業展開を開始すると発表した。6月にベトナム、今秋を目処にインドで設立する子会社を通じて事業展開を行い、同時にAPACの営業拠点をシンガポールに設立し提供エリアの拡大に努めるとのこと。

これまでマイクロアドは海外展開において2011年に中国 上海に子会社を設立、同年にインドネシア ジャカルタに現地企業との合弁会社「PT MicroAd Indonesia」を設立し、アドネットワーク事業を展開しており、既に中国・インドネシアにてDSP「MicroAd BLADE」の提供を開始している。今後APAC各国の言語・通貨への対応を進めることで、広告主は国を越えて同一インターフェースで広告を一元的に管理することが可能となる。日本製DSPの海外展開は「MicroAd BLADE」が初の事例となる。今後展開予定のベトナム・インド・シンガポールでは、インターネットユーザーの普及率の伸びから、インターネット広告市場の成長が期待されている。今後同社では日本国内で培ったマーケティング知識や広告配信技術などのノウハウをAPAC諸国に提供すると共に現地企業からのニーズに答え、各国においてもNO.1アドプラットフォーム企業を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket