サイバーエージェントと凸版印刷、NFCとソーシャルメディアを活用した次世代プロモーションシステム「LinkPlace」の新機能を提供開始

 

株式会社サイバーエージェント凸版印刷株式会社が、両社が3月に発表した「リアルいいね!」プロモーションに関する協業に続き、凸版印刷が開発した次世代プロモーションシステム「LinkPlace(リンクプレイス)」の新機能を活用したO2O(オフラインtoオンライン)プロモーションの提供を2012年5月下旬より開始すると発表した。

「LinkPlace」は、ICタグ内蔵のリストバンドをNFC搭載スマートデバイスにタッチすることで「リアルの場」と「ネットの場」を繋ぎ、O2Oプロモーションを実現するシステム。「LinkPlace」を活用しICタグ内蔵のリストバンドをNFC搭載スマートデバイスにタッチすると、Facebook上に”いいね!”が送信される「リアルいいね!」プロモーションが行える。
凸版印刷はこの「LinkPlace」に対し、Facebook上でのプレゼント抽選や投票ランキング表示などのゲーミフィケーション要素を加えた新たな機能のほか、クーポン表示や画像投稿など様々な機能を追加。さらに、対応するソーシャルメディアをFacebookに加え、TwitterやAmebaなどの他のソーシャルメディアにも拡大した。なお、6月8日(金)にサイバーエージェントが開催するブロガーイベント「AmebaGG Premium Beauty Studio」に「LinkPlace」の「リアルいいね!」及び新機能「スタンプラリー」を導入するとのこと。
今後も両社は共同で「LinkPlace」に追加された新機能を活用し、今まで以上に効果の高いO2Oプロモーションの展開を図っていいくとしている。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket