アメフトチームのニューヨーク・ジャイアンツ、ARを使用したキャンペーンを実施

 

アメリカンフットボールチームのニューヨーク・ジャイアンツが、 第46回スーパーボウルでの優勝を記念してスマートフォン向けAR(拡張現実)アプリ「GoldRun」を使用したキャンペーンを行っている。

このキャンペーンは、スマートフォンの画面上にバーチャルなスーパーボールのトロフィーと記念リングを出現させ自分に重ね合わせて記念写真が撮れるというもの。どちらも本物のトロフィーとリングをもとにモデリングされたリアルな3DCGで、ニューヨーク・ジャイアンツではTwitterやFacebookにも写真を投稿して共有するよう呼びかけている。ファン達が撮影した写真はまとめてFaccebookページで閲覧できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket