ARで砂遊びがより楽しく 「AR SANDBOX」

 

カリフォルニア大学デービス校とバークレー校、及びエコー・サイエンスセンターが、共同で「AR(拡張現実)砂場」を開発した。

このAR砂場はKinectの3Dカメラとプロジェクターを利用して作られたもの。砂を盛ったり掘ったりするとその「高低差」を読み取り砂場の上にリアルタイムに等高線が映し出され、砂を盛ったところはより色が濃くなり、掘るとだんだん黄緑色になっていく。さらに深く掘ると水が湧き出てきて、池を作ったり溝を掘って水を流して川を作ったりもできる。この水にも流体シミュレーションが反映されており、水の流れから水面の波紋までリアルに再現にされている。このAR砂場はアメリカ国立科学財団からの資金援助によるプロジェクトで、今後サイエンスセンターに展示され来場者が実際に遊べるようになる予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket