3Dプリンタで出力されたエレキギターのボディが凄い件

 

ニュージーランドのプロダクトデザイン企業のODDが、3Dプリンタで出力されたギターのボディを公開した。もちろんちゃんと実用できる。

ODDはマッセー大学教授のOlaf Diegel氏が立ち上げたスタートアップ。「3Dプリンタの限界」に挑戦することをモットーに活動しており、これまでにない斬新なデザインの作品を発表している。今回公開されたエレキギターのボディはどれも中が中空になっているもの。非常に精巧なデザインで、中空になっているボディの内側に複雑な形状の草木や虫まで出力されている。公式サイトにて複数の写真を閲覧可能。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket