京成電鉄とアイテック阪急阪神、ソーシャルゲーム「きまぐれ鉄道ぶらり旅」にて「京成線で行く下町ぶらり旅キャンペーン」を実施

 

京成電鉄株式会社アイテック阪急阪神株式会社が、アイテック阪急阪神がMobageにて提供しているソーシャルゲーム「きまぐれ鉄道ぶらり旅」にて4月27日(金)~6月30日(土)まで「京成線で行く下町ぶらり旅キャンペーン」を実施する。

「きまぐれ鉄道ぶらり旅」は、鉄道会社46社局の車両や駅名標、方向幕、ヘッドマークなどの鉄道関連アイテムをコレクションするソーシャルゲーム。「京成線で行く下町ぶらり旅キャンペーン」では、5月22日に押上にオープンする東京スカイツリー、恩賜上野公園、映画「男はつらいよ」の舞台となった柴又帝釈天、6月に見ごろを迎える堀切菖蒲園など京成線下町エリア5駅をめぐり、携帯で限定アイテムを全て集めることで京成電鉄グッズがもらえるというイベント。京成線下町エリアの5つの駅をめぐって、駅にあるポスターのQRコードを読み取り、各駅の限定アイテムを全て取得すると先着500名に京成電鉄3050形車両がデザインされた特典カードがプレゼントされる。また限定アイテムを全て取得した上で、「下町日和きっぷ」を提示すると先着200名に京成電鉄3000形車両がデザインされたクリアファイルがプレゼントされ、さらに抽選で50名に「Bトレインショーティー 京成電鉄3200形」が当たる。特典カード及びクリアファイルは無くなり次第終了。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket