ナブラ・ゼロ、防災教育ARアプリ「AR津波カメラ」をリリース

 

株式会社ナブラ・ゼロが、iPhone向けの防災教育アプリ「AR津波カメラ」をリリースした。ダウンロードは無料。

「AR津波カメラ」は、iPnoneのカメラを通して実際の風景の上に、津波が襲来した場合に「どこまで浸水するのか」を AR(拡張現実)で重ねて表示するアプリ。同アプリは東日本大震災で津波による甚大な被害を受けた地域の自治体からの要望で、学校での防災教育に使用する目的で開発されたという。これを用いることで、「想定した高さの津波が襲来した際に実際に身の回りのどこまでが浸水するのか」を現実の風景として見ることが可能になり、防災教育において「津波に対する実感」を醸成することが簡単にできるようになる。同社では今後はAndroid版も公開予定で、さらに大船渡市・陸前高田市・気仙沼市の津波被災地の現場で「実際の津波高さ」を疑似体験するためのアプリも開発しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket