DeNA、ソーシャルゲームの利用環境向上に関する取組みを実施

 

株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)が、Mobage上のソーシャルゲームにおいて、安心・安全な利用環境を向上させることを目的に各種施策を実施すると発表した。またパートナー各社の賛同のもとプラットフォーム全体に取組みを広げていくとしている。

DeNAでは、これまでもMobage上のソーシャルゲームを含むプラットフォーム上の利用規約における禁止事項について、24時間365日総勢400名体制のサイトパトロールを実施し厳しく対応してきた。今後これらに加えRMTなどの規約違反行為に対し以下の取り組みを実施する。

1. ソーシャルゲーム上の管理・対応の強化・徹底
DeNAは、プラットフォーム事業者として、規約違反ユーザの抽出方法の精度向上や規約違反ユーザへの対処方法の共通化等、適切な対応を検討し、実施する。また、規約違反ユーザに対する警告表示やアイテム交換機能の利用制限とペナルティ実施のルール共通化を業界各社に働きかける。

2. パートナー各社との連携
Mobage上で実施する各種施策をパートナー各社へ広げていくことと同時に、各社と意見交換・情報共有等を行い、より実効性の高い対応方法を検討・構築していく。

現在までに決定している賛同企業13社は以下のとおり。また今後も同取組みに対する賛同企業を募り続けていく。

株式会社エンターブレイン
株式会社角川コンテンツゲート
株式会社カプコン
株式会社カヤック
KLab株式会社
CROOZ株式会社
株式会社gloops
株式会社コーエーテクモゲームス
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
株式会社Cygames
株式会社セガ
株式会社バンダイナムコゲームス
株式会社マーベラスAQL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket