Planet Cazmo、資金調達を行い子会社設立

 

子供・若者向けの2D仮想空間「Planet Cazmo」が、個人投資家のMichael Vlock氏より資金調達を行い、新たな子会社「Happy Giant」を設立した。

「Planet Cazmo」は音楽が好きなティーンエイジャーを対象とした仮想空間。これまで多くのレーベルやアーティストとコラボレーションを行い、公式の仮想アイテムの販売やアーティストのアバターを使用したヴァーチャルライブイベントを行ってきた。今後同社は子会社Happy Giantを通じてクロスプラットフォームに着手。先日もモバイル向けSNS「MocoSpace」にてHTML5で構築されたソーシャルゲーム「Cazmo Monster Battles」をリリースしており、さらに今後はFacebook向けのタイトルやiOSアプリ、Androidアプリの開発も行っていくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket