GREE、ゲーム内禁止行為の監視を強化 ユーザーの保護施策を新たに導入

   2012/02/27

グリー株式会社が、SNS「GREE」で提供されているソーシャルゲームにおける禁止行為の監視強化を図り、ユーザーを被害から守るための施策を新たに2012年3月より導入すると決定した。ユーザーのプレイ環境の健全性を促進させるために業界各社・団体と連携していくという。

まず独自の検知システムを活用しGREEの各ゲーム内での不正検知・トラッキング機能を強化し、アイテムの取得、交換などにおける禁止行為を特定、そのユーザーに対する警告、行為の排除を迅速うとのこと。合わせて業界各社・団体と連携して詳細な調査を行い、禁止行為をGREE外から助長する事業者や個人へ厳格に対処する。さらにGREEに専用窓口を設置し、悪質行為や被害申告の受付も開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket