ニュース 仮想空間

Habbo Hotel運営のSulake、40〜60人レイオフ&全海外支社を閉鎖

投稿日:

2D仮想空間「Habbo Hotel」を運営するフィンランドのSulakeが、フィンランド本国のスタッフを40〜60人レイオフすると共に、海外支社を全て閉鎖すると発表した。

「Habbo Hotel」は全世界150ヶ国以上からユーザーが集う世界最大のPC向け仮想空間。1ヵ月につき1000万人以上のユニークビジターが訪れ、のべユーザー数は2億人を突破している。また2009年にはFacebook版を公開し、合わせてiPhone向けのアバターコミュニティ「Bobba bar」もリリース。昨年末からPhone向けアクションゲーム「Lost Monkey」と「Niko」を相次いでリリースしたりとクロスプラットフォームにも注力している。今回のレイオフはHabbo Hotelの業績とは関係なく、サービスも終了するわけではないとのこと。北欧・ロシアのIT系ニュースを発信するArctic Startupによれば、同社の現CEOのPaul LaFontaine氏(元Playdom VP)はHabbo Hotelをサードパーティがもっと自由にゲームや空間を開発できる”仮想空間プラットフォーム”にする方向転換を検討しているという。

-ニュース, 仮想空間
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.