どーもくん、今後は3D仮想空間「Onverse」の仮想アイテムに

 

仮想アイテムの販売代理店としてアーティストやハリウッドセレブ、人気コミックのキャラクターなどの版権を取得し、各種サービスに”公式”の仮想アイテムを提供するVirtual Greatsが、3D仮想空間「Onverse」にてNHKのマスコットキャラクターである「どーもくん」の仮想アイテムの提供を開始した。

NHKのどーもくんは日本を超えて世界的にも大人気のキャラクター。海外には熱狂的なコレクターもおり、関連グッズは日本の商品を扱っている通販サイトやショップでも販売されているほか、2008年にはアメリカの大手ディスカウント百貨店「Target」のマスコットキャラクターにもなった。現在、同キャラクターの海外での版権管理はBig Tent Entertainmentが行っており、Virtual Greatsでは同社と提携し様々な仮想空間やアバターサービスにどーもくんの仮想アイテムを提供している。
Onverseで販売されるのは、アバター用のTシャツやTatoo、バッグパック、ぬいぐるみ等各種あり、有料の仮想通貨で販売されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket