スロットマシンメーカーの米IGT、ソーシャルゲームディベロッパーのDoubleDown Interactiveを5億ドルで買収

   2012/09/07

米ネバダ州に拠点を置くスロットマシンやビデオポーカーのマシン製造・販売を手がけるInternational Game Technology(IGT)が、ソーシャルゲームディベロッパーのDoubleDown Interactiveを計5億ドルで買収すると発表した。

DoubleDown Interactiveは2010年よりFacebookにてスロットやポーカー、ルーレット、ブラックジャックなどのギャンブルが体験できるソーシャルゲーム「DoubleDown Casino」を運営しているスタートアップ。現在同タイトルは月間470万人のアクティブユーザーを有しており、今後はスマートフォン対応も行いクロスプラットフォーム化を進めていく予定だという。今回の買収によりIGTはソーシャルゲーム市場に本格参入し、リアルのギャンブル施設とゲームを組み合わせたサービスの提供なども検討するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket