Kabam、Google+にて映画「ゴッドファーザー」を題材にしたソーシャルゲームの提供を開始

 

米カリフォルニア州に拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーのKabamが、Google+にて映画「ゴッドファーザー」三部作をモチーフにしたソーシャルゲーム「The Godfather: Five Families」の提供を開始した。

「The Godfather: Five Families」は、映画会社のパラマウントピクチャーズより正式に版権許諾を受けたソーシャルゲーム。映画「ゴッドファーザー」は過去にElectronic Arts(EA)により2度ゲーム化されているが、ソーシャルゲームになるのはこれが初の事例。ユーザーは1930年代のニューヨークを舞台に、映画の中に登場する5つのマフィアのファミリーのどれかに属し、ファミリーのドンの地位を目指して他のユーザーと戦いを繰り広げる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket