人形型3D入力デバイス「QUMA」、2012 年 5 月に発売

 

筑波大学発ベンチャー企業であるソフトイーサ株式会社が開発した人形型の3D入力デバイス「QUMA」(クーマ)の発売時期が決定した。同社と株式会社セルシスがQUMAの日本国内での独占営業ライセンスを含む事業提携について合意し、2012年5月に出荷を開始するという。

QUMAはソフトイーサ、セルシス、電気通信大学発ベンチャー企業である株式会社ビビアンが共同で2009年から開発してきた3D入力デバイス。関節を持つ人形型のデバイスで、関節内部にあるセンサーにより特定の瞬間の人形のポーズ (姿勢) をキャプチャできる。直感的な操作で使用できるので、初心者でも3D-CGを活用した静止画やアニメーションが簡単且つ効率よく制作できるようになる。
セルシスでは同製品をすぐに利用できるグラフィックツールと3Dキャラクターを同梱したパッケージ商品や、創作活動応援サイト「CLIP」会員の専用コース設定などの提供を予定しているほか、セルシス製「Tab-Mate Controller」との連動などサポートデバイスも拡充する予定とのこと。商品の価格は6万円前後を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket