ARでウォール街を占拠しよう!

 

現在アメリカにて、金融の中心地であるウォール街をAR(拡張現実)を使って”占拠”しようというムーブメントが広がっている。

ウォール街近くで格差是正などを求める抗議活動が始まって早くも2ヶ月が経とうとしている。しかし現在、ウォール街のあちこちにバリケードが築かれたり警官が頻繁に監視・パトロールを始めたりと、だんだんと抗議活動をし辛い状況になりつつあるという。そこでARを使って”擬似デモ”を行い、その様子をソーシャルメディア上で公開・共有するというプロジェクトが立ち上がった。最初にこのプロジェクトを始めたのは、サイバーアート集団「Manifest.AR」の創設者であるMark Skwarekさん。最初はデモ活動を行う人々の写真や動画を撮影し、それを後からウォール街の風景の上に重ねるといった作品しかアップロードされなかったが、徐々にオリジナルのイメージを使ったものが増え出し、ウォール街のシンボルである雄牛像を檻に入れたり、ニューヨーク証券取引所をスロットマシンに見立てたりといったユーモラスな作品も登場している。

AR Occupy Wall Street
http://aroccupywallstreet.wordpress.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket