Angry BirdsのRovio、来年IPOを計画

 

Tech系海外メディアのMashableが伝えるところによれば、人気ゲームアプリ「Angry Birds」を提供するフィンランドのRovio Mobileが、来年に株式公開を計画しているという。Rovio CMOのPeter Vesterbacka氏がブルームバーグに語ったもの。

Vesterbacka氏によれば、Rovioの現在の市場価値は約10億ドル(約770億円)程度とのこと。Rovioは現在アプリ自体の収益の他にキャラクターグッズなどの関連商品からも収益を上げており、さらに今後はAngry Birdsを題材にした映画とテレビ番組の製作も予定しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket