ニュース

Apple共同創業者にして前CEOのスティーブ・ジョブス氏死去

投稿日:

10月5日(現地北米時間)、Appleが同社の共同創業者にして前CEOであるスティーブ・ジョブス(Steve Jobs)氏が死去したと発表した。享年56歳。

ジョブズ氏は1976年にスティーブ・ウォズニアック氏らと共にAppleを共同創業し、パーソナルコンピュータ「Apple」や「Macintosh」などを発表。同社を世界的企業に成長させるも85年に社内対立で一度退社。しかし翌86年にアニメーション制作会社のpixcerを設立し、多くのヒット作を生み出した。
その後97年に経営が悪化したAppleに復帰。2000年には同社CEOに就任した。復帰後はパーソナルコンピューターのiMacや音楽プレイヤーのiPod、スマートフォンのiPhone、タブレット端末のiPadとヒット商品を次々とリリース。今年2011年の4〜6月決算では過去最高の売上高を記録した。
しかし2004年に膵臓癌を発病。療養後一度は回復したものの、今年1月から再び療養のため休職し、8月にCEOを辞任していた。

現在Appleのサイトのトップページはジョブス氏の遺影に差し変わっている。Appleの発表はこちら。メールで追悼メッセージも募集している。

-ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.