【TGS2011レポート】プレスルームってこんな感じ

 

普段は一般の方の目に触れることのない報道関係者のみのスペース「プレスルーム」。実際はこんな感じの場所です。


元々はもう少し狭い部屋に設置されていましたが、東京ゲームショウも回を重ねるごとに報道関係者の人数も増えていき、今回はガラス張りの開放的なエリアに設置されました。こうして長机が70本ほど並べられており、壁際にはデスクトップPCも完備。さらに無線/有線回線完備、空調完備、ジュース飲み放題となかなか快適な場所です。


特に残暑厳しい中での開催となった東京ゲームショウ2011、今回ほどジュース飲み放題がありがたく思えた回はありませんでした。ホット&アイスコーヒー、アイスティー、オレンジジュース、アップルジュースが飲み放題!(ミルク&ガムシロップ付き)


プレスルームが一番込むのはやはり初日。それ以降はブース撮影班と記事執筆者が入れ違いになるのでそんなにギュウギュウになることはありません。(もっともVSmediaは中の人が全部一人でやってますが)
今回は海外プレスがどっと増えていたのが印象的でした。中国、台湾、韓国、北米、欧州etc… 耳をそばだてていると様々な言語が聞こえてきます。海外プレスの方々は主に日本のソーシャルゲームの動向について知りたがっていたようで、今回は巨大なブースで出展していたGREEが気になっていた様子。「Tokyo Game Show 2011」で検索すると様々な海外メディアの記事がヒットするので、海外プレスがどのように東京ゲームショウを報じたのかチェックしてみるのも面白いかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket