【TGS2011レポート】星に願いを—福島県郡山市から出展のWIZ 専門学校 国際情報工科大学校のブース

 

東京ゲームショウには企業だけでなく多くのゲーム系の専門学校も参加し生徒さんが開発した作品を出展しています。

こちらのWIZ 専門学校 国際情報工科大学校は福島県郡山市から出展。同校は東日本大震災の影響で授業開始が1ヶ月ほど遅れてしまったそうですが、それでも4つのゲームを開発、今回の出展に漕ぎ着けたとのこと。

こちらの作品「When You With Upon A Star」は、”人々の願いをかなえる”ゲームとのこと。


プレイヤーはコントローラーで「流れ星」を操作し、地上にいる人々が発する様々な「願い」(噴出し)を集めてかなえていきます。


そして最後にかなえた願いを集計。願いの数や種類を得点に換算してそのスコアを競いますが、かなえた願いによって「称号」も付いたりします。私は「財物」に関する願いをたくさんかなえたようで「財宝星」の称号をもらいました。

なお、この作品で使われた願いは他の生徒にアンケートを取って集めたものだそうですが、Twitter上でハッシュタグを設定するなどしてTwitterと連動させる企画もあったとのこと。そうした外部のソーシャルメディアとの連携機能を付け加えたらもっと面白くなりそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket