サイバーエージェント、50人限定のつぶやき共有サービス「Ameba tappie」Android版の提供を開始

 

株式会社サイバーエージェントが、同社が運営する「Ameba」にて親しい友人同士でつぶやきや写真を共有できるアプリ「Ameba tappie」のAndroid版をリリースした。

Ameba tappie」は、友人など実生活で繋がりのあるコミュニティでつぶやきや写真を共有できるサービス。友人として登録できる人数を50人に限定しグループ分けすることで、友人間でのよりプライベートなコミュニケーションを楽しむことができる。利用にはAmebaのアカウントが必要で、既に4月より提供しているiPhone版と、5月より提供しているフィーチャーフォン版で10万人のユーザーに利用されているという。今回リリースされたAndroid版では、従来のつぶやき・写真の共有機能に加え画像加工機能も追加されている。これにより写真の色や風合いを変更したりフレームを追加するなどユーザーの趣向に合わせたカスタマイズが可能となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket