Unity、1200万ドル資金調達

 

3Dゲームエンジン「Unity」を提供するUnity Technologiesが、シリーズBラウンドで中国のWestSummit CapitalやシンガポールのiGlobe Partners、以前も出資を受けたSequoia Capitalらベンチャーキャピタルから計1200万ドルの資金調達を行った。

David Helgasson氏によれば「我々の次の拡大は最も成長の著しいアジア」とのことで、今後はアジアでにて事業拡大を行っていくという。尚、同社は今年3月に日本のGREEとも技術提携を行っている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket