ニュース

ソフトイーサ、人形型3D入力デバイス「QUMA」を公開

投稿日:

筑波大学発ベンチャー企業であるソフトイーサ株式会社が、現在開発中の3D入力デバイス技術「QUMA / クーマ」の動画を公開した。「人形」の入力デバイスを動かして直感的にモーションを作ることができる。

QUMA及び応用製品の研究開発は、ソフトイーサ、株式会社セルシス、電気通信大学発ベンチャー企業である株式会社ビビアンと共に2009年度から行ってきた。既に同技術を応用した最初の製品である3Dモーションキャプチャ装置は製品化に必要な設計の大部分が終了しており、現在量産のための準備を行っているという。同製品はソフトイーサとして製品化する初めてのハードウェア製品となる予定。同製品はマウスやキーボードのような小さな入力デバイスで、USB端子で接続できバスパワーで動作する。しかし形状は間接のある人形で、関節内部にある関節センサーにより特定の瞬間の人形のポーズ (姿勢) がキャプチャされ、USBを経由してPCに入力される。
発売時期や対応 / バンドル予定のアプリケーションについては確定次第アナウンスされるという。

-ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.