KLab、アバターサービス「Cheerz」の日本語版も公開

 

KLab株式会社が、ソーシャル・レイヤー・サービス「Cheerz(チアーズ)」の日本国内への提供を開始した。

Cheerzとは、あらゆるWebサイトにソーシャルレイヤーをかぶせ、同じWebサイトにアクセスしている趣味趣向が近い人とコミュニケーションできるソーシャルレイヤーサービス。同社は今年4月に英語圏に対しβ版を先行公開しており、今回のリニューアルを経てアバターのジェスチャー機能の実装、ユーザビリティの改善や日本語入力対応、Internet Explorerへの対応などの新機能を追加した。
今後KLabは年内100万ユーザー達成及び世界的サービスとなることを目指し多言語に対応する予定とのこと。また将来的にはモバイル対応、マルチデバイスでのCheerzが利用できる環境を整えるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket