AR ニュース

KDDI、手のひらARサービス「てのりん」の提供を開始

投稿日:

KDDI株式会社が、頓智ドット株式会社の協力のもと、株式会社KDDI研究所が開発した「手のひらAR」技術を使ったauスマートフォン向けのARアプリ「てのりん」の提供を開始する。利用は無料。

「手のひらAR」は、スマートフォンのカメラで手のひらを写すと、手のひらの位置や傾きを検出して、手のひらの上に3Dオブジェクトを表示させることができるアプリ。これを使用すると、スマートフォン画面上にキャラクターが手のひらに乗っているかのように出現し、歌ったり、踊ったりする。アプリにはKDDIオリジナルキャラクター「かりん」がも無料でプリセットされるほか、様々なキャラクターをアプリ内のマーケット機能からダウンロードして楽しむことができる。
尚、サービスの提供開始を記念してクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の協力のもと、3DCGでモデリングされた初音ミクを無料で提供する。今後KDDIは頓智ドットが提供している「セカイカメラ」とも連携し、3Dコンテンツを気軽に楽しめるプラットフォームとしてサービスの拡大を目指すとしている。

-AR, ニュース
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.