Second Lifeを題材にしたドキュメンタリー映画「Life 2.0」がDVD化

 

Linden Lab社が運営する3D仮想空間「Second Life」を題材としたドキュメンタリー映画「Life 2.0」がDVD化された。現在Web上にて予約を受け付けている。

「Life 2.0」は実写とSecond Lifeの中の映像を織り交ぜたドキュメンタリー映画。Second Lifeで仮想アイテムを制作・販売するクリエイターとして成功し、Second Life内の活動だけで生活できるようになった人や、お互い結婚しているにも関わらずSecond Life内で恋愛をしているカップルなど、Second lifeにログインすることによって劇的に人生が変化した様々なユーザーたちの姿を追った内容で、昨年サンダンス映画祭とサンフランシスコ国際映画祭、サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)映画祭に正式出品され、フィラデルフィア映画祭では長編ドキュメンタリー賞を受賞した。残念ながら日本では劇場公開されなかったが、北米や北欧では商業映画として一般劇場でも公開された。
DVDには99分バージョンと60分バージョンの2種類が収録されており、価格は295ドル。予約注文はこちらから。

Life 2.0 (trailer) from Kristin Cooney on Vimeo.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket