Facebook、音楽聴き放題サービス「Spotify」と提携か

 

Forbesが伝えるところによると、Facebookがクラウド型音楽ストリーミングサービス「Spotify」と業務提携し、現在Facebook内の音楽サービスのテストを行っているという。

「Spotify」とは、2008年よりサービスを開始しているスウェーデン発のクラウド型の音楽ストリーミングサービス。英EMI Group、ソニー・ミュージックエンタテインメント、米ユニヴァーサル・ミュージック、米ワーナー・ミュージック・グループや独立系レーベルと数ヵ国を対象に合法的なサービスを提供する契約を結んでいるため、合法的に様々なアーティストの楽曲を聴くことができる。数曲おきに広告が挿入される無料版と高音質で広告が入らない有料版があり、PCからだけでなくスマートフォン向けアプリを経由して利用することもできる。現在ではAppleの「iTunes」の対抗馬とも言われているが、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、英国、フランス、オランダ、スペインでのみサービスを行っているため、日本はおろかアメリカからも利用することはできない。

Facebookがそのソーシャル性と仮想通貨「Facebook Credits」を利用した独自の音楽サービスを開始するという話は既に昨年より何度か浮上していたが、具体的なローンチ情報は未だ何も無かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket